リスクマネジメント

基本方針

グリーグループでは、事業を支えるクリエイティビティとスピードを阻害することなく、各事業部門が自らの事業の継続・発展を実現するために自律的にリスクを管理することを基本とし、当社及びグループ会社の事業の適切かつ効率的、効果的な継続・発展を実現することを目的としてリスクマネジメントを実施しています。

リスクマネジメント態勢

グリーグループでは、多様化するリスクに備えて、「リスクマネジメント規程」をはじめとする各種社内規程を策定し、リスクマネジメント態勢を整備しています。具体的には、「リスク対応推進担当」、「グループリスク主管部門」及び「グループリスクマネジメント委員会」を設置し、各部門/グループ会社における適切なリスクマネジメントを推進する態勢を整備・運用しています。

グループリスク主管部門

リスクごとに設置しており、各部門/グループ会社におけるリスクマネジメントを専門的な見地からサポートし、組織横断で適用されるルール・手順等の整備、運用を主導する役割を担います。

リスク対応推進担当

各部門/グループ会社ごとに設置しており、「グループリスク主管部門」やその他関係者と連携しながら、各部門/グループ会社におけるリスクマネジメント(ルール/手順の整備や運用の徹底、リスクは発生時の対応等)が適切に行われるように主導する役割を担います。

グループリスクマネジメント委員会

代表取締役社長の諮問機関として、リスクマネジメント態勢の維持・推進、及びリスクマネジメント関連各委員会/会議が所管しないリスクに関する検討・審議を行います。

リスク事象が発生した場合には、「リスク対応推進担当」、「グループリスク主管部門」及び各部門/グループ会社が情報を連携し、適切な対応を行います。また、重大な影響のあるリスク事象が発生した場合には、臨時の組織として、対応チームを設置し、その被害の拡大を抑え、事態を可及的速やかに収束させるために、各部門/グループ会社横断で迅速に対処します。

災害等危機発生時の態勢(BCP)

地震、津波、大火災等の自然災害のほか、テロ攻撃、疫病の流行などの不可抗力により、役職員の安全や当社の事業/サービスの継続を脅かす、又は脅かす恐れがある緊急の事態が発生した場合には、代表取締役社長の指示の下、設置されるBCP対策本部により、役職員の安否の確認、事業/サービスの復旧等を迅速に対処します。