基本方針

グリーは、事業活動の中で潜在する様々なリスクに対して、リスクの軽減と予防を推進すること、また万が一、事件、事故などが発生した場合においては迅速な対処をすることが大切だと考えています。各部門がそれぞれ業務に付随するリスクを管理することを基本とし、管理統括本部が各部門のリスクマネジメント態勢の整備/運用の推進を行っています。

リスクマネジメント態勢

グリーでは、多様化するリスクに備えて、リスクマネジメント規程をはじめとする各種社内規程の整備、遵守を推進し、リスクマネジメント態勢を強化しています。具体的な施策として、新規取引開始時における「職務権限規程」「稟議決裁規程」「与信管理規程」等に基づく承認過程を設け、慎重に調査、審議をし、事業リスクの排除、軽減を図っています。また、生じた重要なリスクについては、「リスクマネジメント規程」等の関連規程に基づき、速やかに対応を図る体制を整えています。

事業継続のための対策

グリーでは地震等の大規模な自然災害や、サイバーテロ等のリスクに備えて、事業継続のための様々な対策を行っています。

災害時の安否確認サービスの整備

災害時に社員の安否情報を速やかに把握して、社員の状況に応じた適切な指示の伝達や、災害情報の共有を行えるように、安否確認サービスを導入しています。

サイバーテロへの対策

サイバーテロにより事業が中断しないよう、重要インフラに対するセキュリティ対策を強化するなど、技術的施策を実施しています。また、サイバーテロ発生時に速やかに対応できるよう、有事の際の連絡体制を整備しています。

その他のコンテンツ