誰もが仕事を通じて
自立的に成長を続けられる会社を目指して

- グリービジネスオペレーションズの紹介 -

グリーは、障がい者雇用を通じて、従業員一人ひとりの個性を尊重し、受け入れ、ダイバーシティの推進を行っていきたいと考えています。その取り組みの一つとして、まだ現在の日本においてその十分な活用が進んでいない発達障がいの方をいち早く採用し、その雇用機会の拡大へと結び付けています。

グリービジネスオペレーションズ

グリーは、障がいを持った方が自立し、持てる能力を十分に発揮できる就業の場を提供できるよう、特例子会社グリービジネスオペレーションズ株式会社を設立(特例子会社認定:2012年5月22日)しました。グリービジネスオペレーションズでは、企業としてのさらなる成長を目指し、自身の能力を最大限に発揮できるよう、障がい特性に配慮した職場づくりに取り組んでいます。データ作成・入力業務、総務・人事業務のサポート業務、ビジネスサポート業務、マッサージルーム運営業務の主に四つの業務を行っています。

【ビジネスサポート業務】ゲームのQuality Assurance(品質保証) グリーの事業に貢献できていると
実感できるのが、充実

高田 健弘
2012年5月入社。Quality Assurance(以下「QA」)担当チームのリーダーで、チームメンバーの管理を務めながら自身も二つのプロジェクトのQA業務の支援を担当している。美術大学を卒業した後、「ADHD(注意欠陥多動性障害)」「アスペルガー症候群」二次障害として「双極性障害」と診断された。

Q1QA業務の支援とは
どのような仕事でしょうか?

開発中のゲームにおけるQA業務の一部を手伝っています。具体的には、リリース前のバージョンを検証端末でプレイし不具合を検知したり、お客さまの目線に立って不便に感じた点などを報告したりしています。
グリービジネスオペレーションズは横浜にあるため、六本木にいるグリーのQAチームとは、社内コミュニケーションツールなどを用いて、テスト対象となるゲームのアップデート情報の共有、テスト結果の報告といったコミュニケーションを適宜行っています。また、作業を進めるにあたって重要なポイントと判断した際は、グリーと電話会議を行っています。グリーのQAチームが講師を務める研修があり、社員のスキルアップにつながっています。

Q2今の仕事のやりがいを
教えてください。

チームとしては、なんといってもグリーの本業であるゲーム事業に微力ながらも貢献できるようになったことに、大きなモチベーションを感じています。QA業務をさらに向上させることで、もっともっとゲーム事業に貢献したいと一同燃えています。

個人としては、チームのマネジメントにやりがいを感じています。これまでのキャリアの中で、ほとんど経験してくることがなかったため苦手意識を感じていました。今は、メンバーに支えられ、マネジメントにやりがいと自身の成長を感じています。

Q3今後やってみたい仕事、夢があれば教えてください。

目標は二つあります。
一つ目は個人として、ゲームに関する業務で求められる専門的なスキルの向上を目指していきたいと思っています。QA業務に長期で関わりたいですし、ゲーム事業に関わる業務をもっと請け負えるようになりたいと思い、日々業務に励んでいます。

二つ目は、いつの日か社外からも業務を受けることです。10年先になるのか20年先になるのか、もっと先のことになるかわかりませんが、その目標に向かって日々頑張っています。

グリー株式会社QA担当者から

グリービジネスオペレーションズのQAチームには、主に新プロダクトにおけるリリース前のQA業務を依頼しています。仕様や期限の変更など、グリーQAチームからの要求内容が直前に変わることも多いのですが、柔軟に対応してくれますし、同時に根気強く同じようなテストを繰り返し行うような検証も担当してもらい助かっています。時にはプロダクト制作側でも気づきにくい細かい不具合等を見つけ報告してくれるなど、品質の高い成果物に対しても大変感謝しています。

【ビジネスサポート業務】新規事業の営業支援 グリービジネスオペレーションズ初のMVP受賞!本社の将棋部でも活躍

小川 勝歩
2012年11月入社。勤怠、勤務態度、パフォーマンスなどを鑑み、2014年末グリービジネスオペレーションズ初のMVP※を受賞。大学在学時に「広汎性発達障害」と診断された。
※ 個人の成果に対して、全社員の前で表彰する制度です。MVPは年に1度、発表・表彰されます。

Q1新規事業のサポートを行われているとのことですが、どのような仕事でしょうか?

現在、担当しているものは、2015年4月にサービス提供を開始したフィットネスレッスンの定額サービス「Lespas」(レスパス)などの新規事業の営業支援や、グリーの子会社グリーエンターテインメントプロダクツ株式会社が販売しているトレーディンカードゲームの販売促進キット梱包業務です。

営業の支援業務においては、私たちの成果物が少しでも効果的に活用されるように、より正確で付加価値の高い情報を提供できるよう努めています。キット作成業務の支援は、キットが全国の店舗や大会などで利用されるとのことなので、依頼者はもちろん、お客さまの視点に立って考えながら丁寧な仕事するよう心がけています。

Q2オフィスは
どのような環境でしょうか?

お互いの長所を生かし苦手な部分を補い合う、とても働きやすい環境です!グリービジネスオペレーションズは社員のモチベーションを上げる取り組みも豊富です。「正社員登用制度」、「リーダー・サブリーダー制度」、「皆勤賞」などの制度があります。私は、自身が初代MVPに選ばれたということで「MVP制度」をとても気に入っています。年末に開催された授賞式で名前を呼ばれた時には、人目をはばからず嬉し泣きしましたし、今でも盾を机の上に置いて励みにしています。

皆勤賞はグリービジネスオペレーションズのオリジナルカードで、四半期に1回社長から送られます。この皆勤賞カードをデスクに大切に飾っています。カードを4枚獲得(1年皆勤)すると、金色カードになるので、それを目指して頑張っています。

Q3将棋部に所属されているとか。将棋部の部活動について教えてください。

将棋部では互いに切磋琢磨することを目的として、練習対局(試合)を定期的に行っています。また、年に2回行われる「職域団体対抗将棋大会」という大会にグリー将棋部の代表の一人として参加しています。最近ではオフィス内でも昼休みに練習試合をして実力アップを図っています。
次回はさらにレベルの高いクラスで良い成績を残せるように、少しでもチームに貢献できるように頑張ります。

将棋部の仲間より

将棋部のエースとして、個人的にも優秀な成績を残されている一方で、部員の勧誘や他社さまとの交流戦にも積極的に参加いただき大変ありがたく思います。グリーの10周年記念企画の一環として行われた、「サンキューレター」という他部署の社員やチームにメッセージを送るイベントでは、私宛にサンキューメッセージをお送りいただきました。優しいお心遣いや感謝の気持ちを忘れず業務に取り組む姿勢も素晴らしいと感じます。これからも共に頑張りましょう!

社長の想い

当社は、企業ビジョンに 「障がい者が自身の能力を最大限に発揮でき、仕事を通じて自立的に成長し続けられる会社を創る」を掲げ、社員個々の特性に配慮した職場環境の整備から、能力に応じた最適な業務配置、対面コミュニケーションを中心とした組織の活性化など、一つ一つ丁寧に取り組んでいます。
また、障がい者雇用は、少子高齢化による労働力人口の減少という社会課題の解決の一端を担えるものと考え、グリーグループ各社との連携を活発に行い、前例のない事業貢献度の高い業務へのチャレンジも積極的に行っています。もちろんすべてがうまくいっているわけではありません。まだまだ勉強しなければならないことも多く、試行錯誤の日々ではあります。それでもいつか、私たちグリービジネスオペレーションズが、日本中の障がい者に少しでも明るい未来を照らせるような存在になるために、今後も多くの皆さまのご支援をいただきながら、企業ビジョンの実現を目指して歩みを進めていきます。

代表取締役社長 福田 智史

グリーは、日本における障がい者の雇用機会拡大への貢献を通じて、
社会の持続的かつ健全な発展のために、
企業市民の一員としての責務を果たしていきます。

その他のコンテンツ