CSR

【CSRレポート】グリーが、千葉県で開催された「ケータイ・インターネット安全教室 見本市」に参加しました

幕張コミュニティセンター(千葉県花見川区)で、1月21日に開催された「ケータイ・インターネット安全教室 見本市」に、グリー株式会社(以下「グリー」)が参加し、事業推進本部の小木曽が、各地で実施している子どもたちや保護者の皆様へのインターネットに関する啓発活動について説明させていただきました。

今回の「見本市」は、地域の状況によってニーズが年々変化し、講師となる団体や個人、プログラムが多様になってきているケータイ、インターネットに関する安全教室について、関連団体や事業者が一堂に会して発表する場として、千葉県青少年を取り巻く有害環境対策推進協議会、千葉大学教育学部授業実践開発研究室、静岡大学教育学部塩田研究室が主催となって開催されました。

教育関係機関の方々から最近の取り組みが発表された後、「ケータイ・インターネット安全教室見本市」と題された第2部では、各団体によるおよそ10分のプレゼンテーションが実施されました。その中で、小木曽は、グリーが昨年度を通して参加してきたネットリテラシーに関するイベントや学校での啓発講座の内容をダイジェストで再現し、全国どこでもご依頼があればインターネットをより楽しく安全に使うための、ネットリテラシー向上を目指した活動を実施させていただくことをお伝えしました。

「見本市」終了後、学校関係者、保護者の方々から、より具体的なネットリテラシーに関する講座や学校での課題などについてご相談を受けるなど、今後の啓発活動につながる機会を得ることができました。

グリーは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を提供する事業者の義務として、業界他社や教育機関と協力しながら、今後も青少年を違法、有害な情報から保護することを目的としたオンラインでの取り組みを充実させ、オフラインでの啓発活動も積極的に行っていきます。

千葉県青少年を取り巻く有害環境対策推進協議会
http://ace-npo.org/consortium/

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事