CSR

【CSRレポート】グリーが千葉県千葉市で開催された「ケータイ・インターネット安全教室 見本市」に参加しました

グリー株式会社(以下「グリー」)は、2013年2月23日に、ちば地域コンソーシアムが主催する「ケータイ・インターネット安全教室 見本市」に参加しました。

ちば地域コンソーシアムは、千葉県内の関連団体や事業者が集まり、文部科学省の委託を受けて、2011年度より青少年のインターネットリテラシー向上を目的に活動しています。「見本市」は、その活動のひとつで毎回多くの事業者やNPO法人がブースを出展し、たくさんの参加者が訪れるイベントです。

この日は、初めに消費者および教育関係機関の方々が、青少年を取り巻く最新のインターネット環境について発表されたのち、各団体が展開している安全教室プログラムの紹介が行われました。グリーからは経営基盤本部の小木曽が登壇し、啓発活動のプログラムを紹介しました。続く「安全教室見本市」では、参加者が紹介ブースを訪れ、スタッフと活発な意見交換をする姿が見られました。グリーのブースにも多くの方にお越しいただき、啓発活動プログラムへの要望や相談を通し、新たな活動を展開するきっかけを得ることができました。

グリーは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を提供する事業者の義務として、業界他社や教育機関と協力しながら、これまでも安心、安全なケータイやインターネットの利用に関する啓発活動を実施してきました。今後もこれらの健全なコミュニケーションを維持、発展させるために、ネットリテラシーの向上を目指したオンラインでの取り組みを充実させ、オフラインでの啓発活動も積極的に行っていきます。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事