CSR

【CSRレポート】グリーがNPO法人CANVASと「プログラミングラボinロッポンギ×GREE」を開催しました

グリー株式会社(以下「グリー」)は、2014年11月16日にグリー本社で子ども向けプログラミング教室「プログラミングラボinロッポンギ×GREE」を開催しました。

「プログラミングラボinロッポンギ×GREE」はNPO法人CANVASが実施する「プログラミングラボ」の三つのコースのうちの一つで、グリーと共に2014年4月より毎月、六本木ヒルズにあるグリー本社で開催しています。小学校高学年の児童を対象としており、米マサチューセッツ工科大学が開発した子ども用プログラミング言語「Scratch」を使用したゲーム作成を通じて、プログラミングを学ぶワークショップです。ゲームをつくるだけではなく、アイデアのつくり方・膨らませ方などといった方法も楽しく学ぶことができます。

この日のテーマは「食欲の秋。はらぺこネコの収穫祭!」で、主人公キャラクターがランダムに落ちてくるりんごやバナナなどを集めて加点したり、当たらないように逃げることで減点を避ける、取得点数を競うゲームをつくりました。まずは、基礎の動きをプログラムするコードの勉強と、どのようにゲームを面白くするかについてブレインストーミング。異なるアイテムに主人公のキャラクターが当たることによって減点されたり、動きが早くなったり、獲得点数が高くなったり、さまざまな要素を組み合わせ、たくさんのユニークなゲームが作られました。最後は一人一人が大きなスクリーンの前で自作したゲームのプレゼンテーションを行い、工夫や苦労した箇所について発表しました。どのゲームも非常にレベルが高く、保護者の方々やCANVASのファシリテーター、グリーの社員ボランティアから大きな拍手を受けました。

グリーは「ゲーム×学び」をテーマに、これまで事業で培ったゲームのノウハウを教育分野に生かした社会貢献活動を行っています。今後も、プログラミング教育、ハッカソン、社会課題解決型のゲーム開発や人材育成を目的とした講演などを通じて、日本のゲーム産業の振興、またそれを支える人材の育成に積極的に取り組んでいきます。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事