CSR

【CSRレポート】愛知県名古屋市で行われた「ファミリーデーなごや」に参加し、インターネットに関する啓発活動を行いました

グリー株式会社(以下「グリー」)は、2016年1月9日に、愛知県名古屋市の日本ガイシホールで開催された「ファミリーデーなごや」に、ブースを出展しました。


「ファミリーデーなごや」は、家庭の大切さ、家族の役割の素晴らしさについて改めて考え、深めることを目的とした「家庭の日」の普及啓発イベントです。昨年に引き続き、安心ネットづくり促進協議会を通して、通信キャリアや他ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)事業者と共にグリーも参加しました。

当日、グリーのブースでは、子どもたちの年齢に合わせた二つの情報モラル啓発アプリを提供しました。小学校低学年以下の子どもたちには、タブレットを用い、ゲームの中に出てくるクイズに挑戦することでインターネットの正しい使い方を学べるアプリ「みんなで学ぼう!インターネットルール」を遊んでいただきました。小学校高学年以上の子どもたちには、アプリ「魂の交渉屋とボクの物語 – Soul Negotiator -」を体験いただきました。このアプリに登場するキャラクターたちと一緒に、さまざまなネットトラブルを疑似体験し、実際にトラブルに遭わないための知識を学びました。

グリーは、今後もインターネットをより楽しく安全にご利用いただくために、全国各地で、情報モラル向上を目指した活動を積極的に行い、ICT利用啓発につなげるための企業責任を果たしていきます。

安心ネットづくり促進協議会について

安心ネットづくり促進協議会は、携帯電話およびインターネットの利用環境整備のために総合的な取り組みを推進することにより、誰もが安心かつ安全に携帯電話およびインターネットを利用できる環境の構築を図る民間の取り組みとして、2009年2月27日に設立されました。グリーは正会員・幹事として参画しており、本活動を推進しております。
安心ネットづくり促進協議会

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事