CSR

【CSRレポート】秋田県で実施された「春のあんしんネット・新学期一斉行動」でブースを出展しました

グリー株式会社(以下「グリー」)は、2016年3月13日に、秋田県のJR岡山駅1階「サンフェスタ広場」にて実施された「春のあんしんネット・新学期一斉行動」に、ブース出展しました。

「春のあんしんネット・新学期一斉行動」とは、多くの青少年が初めてスマートフォンやタブレットなどを手にする春の卒業・進学・入学の時期に着目し、フィルタリングの推進や青少年・保護者などのリテラシーの向上に向け、関係府省庁や関係事業者・団体と共に行っている取り組みです。平成28年春は日本全国各地で「今一度見直そう!スマホやケータイの使い方~「フィルタリング」を外してない?「ながらスマホ」をしていない?」と題した、インターネット利用に関する話し合い・ルール作りを呼びかける研修会・イベント等を実施しています。
グリーブースでは情報モラル啓発アプリ『魂の交渉屋とボクの物語 - Soul Negotiator - ~君の選択でストーリーが変わる ストーリーから学ぶ情報モラル~』(たまボク)を体験いただきました。
休日の開催ということもあり当アプリを対象としている年代の生徒さんたちの姿はあまり見られなかったのですが、お子さまやお孫さまへの参考になればと、幅広い年代の方々に試遊いただきました。個人で真剣な表情でゲームを進めたり、友人や親子間で情報モラルに関して活発に意見を交わしながらゲームを進めているグループもあるなど、それぞれの方法で、改めてインターネットの適切な使い方について考えるきっかけとなったようです。
グリーは、今後もインターネットをより楽しく安全にご利用いただくために、全国各地で、情報モラル・インターネットリテラシー向上を目指した活動を積極的に行い、ICT利用啓発につなげるための企業責任を果たしていきます。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事