事業のこと

早割締め切り迫る!~Japan VR Summit 3の見どころは?~

こんにちは。広報の山田です。

毎年東京ゲームショウが終わると秋の訪れを感じます。「VR元年」と言われた昨年2016年に引き続き、ゲームショウではVR/ARコーナーが設置され、コーナーの面積も出展数も拡大し、市場のますますの盛り上がりを見せていました。

グリーでは、「開発」「投資」「市場振興」の3つの柱を軸にVR事業に取り組んでおり、そのなかの「市場振興」の一環としてJapan VR Summitを2016年から開催しています。

次回のJapan VR Summit 3(JVRS3)は、IT Pro Expo 2017と同時開催で10月11日(水)~13日(金)に東京ビッグサイトでの開催を予定しています。

デモ展示(JVRSショーケース)は3日間行われるのですが、目玉は中日の12日(木)に開催されるプレミアムセッション!全6セッションの見どころをご紹介します!

SessionⅠ:「グローバルVR/AR12兆円市場へのロードマップ」
SessionⅡ:「巨大VR市場−中国の現状」

午前の部は、北米や中国からVRのキーパーソンをお招きし、Microsoft、ソニー、HTC、テンセント、ファーウェイなどの大手メーカーやインターネット企業にVR/AR市場の現状と未来を語っていただきます。

ランチタイムを挟んで午後は4セッション行われます。

SessionⅢ:「日本型アーケードVRは世界に通用するのか?」

一般社団法人ロケーションベースVR協会 代表理事であり、ハシラス 代表取締役社長でもある安藤 晃弘氏をモデレーターに、アドアーズ・バンダイナムコエンターテインメント・CAセガジョイポリスとアーケードVRを日本で早期から展開してきた皆さまにご登壇いただきます。 一般に流通するには価格面でも取り扱い面でもまだまだハードルの高いVR。だからこそ、アーケード施設を利用して、一人でも多くの人に触れていただく機会を提供できることは重要と考えます。

SessionⅣ:「スタートアップ企業から見る、VR/AR/MRの魅力」

JVRSは、イベント名として「VR」を掲げていますが、AR/MRも含めてトレンドをご紹介しています。テレビ局などと連携したVRサービスを国内外で展開するジョリーグッドや、日本人がイギリスで創業したARエンジンを開発・提供するKudanなど、グローバルに活躍する日本のスタートアップ企業が登壇します。

SessionⅤ:「VR/AR投資のグローバル最新事情〜シリコンバレーから国内大手VCの動向まで〜」

こちらは、モデレーターを務めますGVR Fundの筒井から、最後に意気込みと合わせてご紹介します!

SessionⅥ:「VR/ARの活用による製造業変革」

前回名古屋で行ったJapan VR Summit Nagoya 2017で好評だった製造業の取り組みをご紹介。名古屋では個別にプレゼンテーションをしていただきましたが、今回初めてトヨタ自動車・本田技術研究所のお二人にパネリストとして共演していただきます。製造業での活用が生産性にどう影響しているのか、日経ものづくり副編集長の吉田氏に切り込んでいただきます!

最後に、プレミアムセッションに登壇予定のグリー社員で、シリコンバレーでVR/ARスタートアップに投資を行うGVR Fundの筒井と、JVRS運営事務局の中山に今回のJVRSの見どころを聞きました。

筒井 Session Ⅴモデレーター 筒井:私が登壇するSession Vでは、シリコンバレーから二人の投資家にご登壇いただきます。つい最近$16MのVR/ARファンドの立ち上げを発表したGreycroft PartnersのJon Goldman。VR/AR領域を含めたゲーム、エンタメを中心に投資するシードファンド、Crosscut VenturesのClinton Foyが参加してくれます。また、日本国内からはVR/AR領域の投資に加え、事業展開を目指すKDDIの江幡智広氏を迎え、ARKit/ARCoreなどで話題となっているARや、これから各社から続々と発売が開始されるスタンドアローンのVRヘッドセットの見通しなど、投資家の最新の視点と注目分野を紹介しますので、ぜひお越しください!

中山 JVRS事務局 中山:東京での開催は今回で3回目となるJVRSですが、VR/AR関連市場の中で存在感を増してきた業務利用、BtoBマーケットについて、そしてもちろんエンタメ関連についても取り上げます。今回はIT Pro Expo 2017と同時開催ということもあり、VRを実際にビジネスに活用していくにはどうしたら良いか、業務改善にどう活用したら良いのかを真剣に考えているマネージャー層以上の人たちにぜひ聴いていただきたい内容を含め、VR/AR市場のトレンドを幅広く押さえていただけます。コンシューマー向けVRは今後どうなるの?スマホARの登場に対し各社の対応は?日本型アーケードVRは海外でも通用するの?といった気になる話にモデレーターの皆さんが切り込みますので、ぜひ当日お聴き逃しなく!

JVRS3チケット早割の申し込みは、10月6日(金)18時まで!

JVRS公式サイトからぜひお申し込み下さい。

「Japan VR Summit 3」概要

日時 2017年10月11日(水)~10月13日(金)
1. プレミアムセッション(有料):10月12日(木)10:00~20:00(9:30 受付開始))
2. JVRSショーケース(無料):10月11日(水)~10月13日(金)10:30~17:30)
※「ITpro EXPO 2017」と同時開催
会場 東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)
http://www.bigsight.jp/
1. プレミアムセッション:国際会議場
2. JVRSショーケース:東4ホール
主催 グリー株式会社、一般社団法人VRコンソーシアム
共催 株式会社日経BP
運営 Japan VR Summit事務局
概要 VR市場のキープレイヤーによるセッションの他、協賛および招待企業によるデモ展示を実施
参加費・申し込み方法 1.  プレミアムセッション:50,000円(税込)
※ 早期割引(10月6日(金)18:00まで)およびVRC会員特典:30,000円(税込)
2. JVRSショーケース:無料
※ ITpro EXPO 2017ご参加の方
※ ITpro EXPO 2017参加料:3,000円(消費税込、招待者・事前登録者は無料)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/expo/2017/regist/
公式サイト http://jvrs.org/
Facebook公式アカウント http://www.facebook.com/JapanVRSummit

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事