事業のこと

「ETRÉ TOKYO 2018 AUTUMN EXHIBITION」がライトボックススタジオ青山で開催されました。

こんにちは。広報の坂見です。
アパレル業界では、毎回シーズンごとに新作の発表を行いますが、ファッションを切り口に動画メディアやプライベートブランドを展開するグリー子会社3ミニッツのライフスタイルブランド「ETRÉ TOKYO」も7月19日、20日とライトボックススタジオ青山にて「2018 AUTUMN EXHIBITION」を実施しました。
普段は、ゲーム会社という印象が強いグリーですが、ファッション業界の取り組みを紹介するべく、展示会の様子とクリエイティブディレクターの「JUNNA」を取材しました。

ETRÉ TOKYO:2016年3月にデビューしたライフスタイルブランド。20〜30代女性から大きな支持を得ているファッションインフルエンサーJUNNAがクリエイティブディレクターを務め、25〜30代の女性をターゲットに、「物質的な豊かさではなく、ココロが豊かになるようなきっかけづくりを提案したい」という思いが込められています。

一軒家のような会場の前で新作のワンピースを着たJUNNA

7月19日、20日に開催された展示会はメディアや、バイヤーの方、有名なインスタグラマーさんなどを招待して行われました。今回の展示会のコンセプトをブランドディレクターであるJUNNAに聞いたところ、
「2018autumn展示会のポイントは心が旅する服。ETRÉ TOKYOが提案するさまざまなテイストを纏い世界中を旅するような気分で自由にアレンジして過ごして欲しい!!という想いを込めました。」とのことです。

ETRÉ TOKYOの公式インスタグラムにも掲載されていますが、モロッコでも撮影された新作の洋服はいろんなスタイリングが展開されていて、着る人・場所によって印象が変わると感じました。

一軒家を貸し切ったようなスタジオの1階には、新作がずらりと並んでいます。トレンチコートやライダースなどのアウターやセーターなど秋冬にかかせないベーシックなものから、エコファージレや大判なストールなどファッションのアクセントとなりそうな新作もたくさん。

秋冬に活躍しそうな小物もたくさんありました。

オーダーできるピアスも

階段を上がり2階にはサンプル品や、アウトレット品などのフリーマーケットも開催されており、すぐに使えそうな夏のアイテムもたくさんありました。

また、2階には暑い中お越しいただく皆さまへのドリンクも用意。
フルーツやハーブなどを漬けている「デトックスウォーター」やミルクと割るだけでチャイラテができる「DONA CHAI」などがありました。ミルクにもこだわり、カリフィアファームズの「アーモンドミルク」など美容に良いものばかりです。

オープン後、たくさんの方が秋の新作を試着されたり、すぐに着られるサンプルセールの夏物をゲットしたりしていました。
新作では、JUNNAが着ていたワンピースやアウターなどを手に取るお客さまが多いように感じました。

JUNNAの今回の新作のオススメは「機能面にも優れた美シルエットが自慢のトレンチコート」とのことでした。

新作をオーダーされたお客さまには、お土産も用意。ETRÉ TOKYOで新しく取り扱いを始めた、フレディレックの「GALLSEIFE(ガルザイフェ)」という衣類専用シミ抜きの石鹸です。

最後にJUNNAに今後の意気込みついて聞きました。

「今回の受注会では、新規のお客さまも多く、昨年を大幅に上回る数のオーダーをいただきました。SNSからスタートしたブランドですが、皆さまに支えていただき8月に東京ルミネ新宿店、9月には大阪ルクア店のオープンを控え現在準備中です。どの店舗にも個性を持たせ、各店舗がそれぞれの地で愛されるようになる為に趣向をこらしています。
また、毎週木曜日20:00より、インスタライブを行っておりますので、お時間がある時には是非ご参加ください。
3ミニッツらしく、斬新で、柔軟なアプローチを武器に、商品は徹底的にこだわり、ブランドに関わる方を幸せにするブランド!お客様から愛されるブランド!を目指し頑張りますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。」

今回の展示会で発表された新作に関しては、ETRÉ TOKYOのECサイトにて順次販売予定です。

ゲーム事業だけではなく、メディア事業にも注力している、グリーグループ。
これからも、ETRÉ TOKYOの世界観を元につくられた洋服たちが楽しみですね。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事