働き方

【新卒採用インタビュー】チームの中で学んでいく。 心に届くものづくりを、この手で。

人や世の中に与える「ビジュアル」の影響はとても大きい。いつからかそれに気付きました。子どもの頃から「見た目のカッコよさ」に心を動かされることがとても多く、カッコいいアニメのオープニング、素晴らしいゲームや映画の背景アート、みんなが夢中になるキャラクター・・・。そんな憧れの対象を自分でも作りたい。それが私の夢でした。

学生時代に絵を描くことで、いろいろな仕事の手伝いをしました。CMのアートを描いたり、映像作家のアシスタントをしたり、映画製作のお手伝いも。普通にしていたら得られない貴重な経験を、絵を描くことで手に入れました。絵を仕事にすることへのハードルが下がったと思います。

“一緒に働く人に恵まれた。会社という学びの場。”

グリーの魅力は、働く環境。特に周りの人には恵まれています。インターンシップである「GREE Camp(※)」を通じて、この会社の人たちのバランスのよさを感じました。イラストは一人でも描けるけど、ゲームを一人で作ることは難しい。チームで働くならこの人達と働きたいと思いました。グリーにいるいろんな方々と、ここで出会えて一緒に働けることがとても楽しいです。

現在は「アナザーエデン 時空を超える猫」の2Dアートを制作しています。ゲームはもともと好きでした。いろんな方に楽しんでもらえて、そこに自分の想像力を活かせていることがやりがいです。ポジティブなことも、ネガティブなことも、自分の仕事に対して反応がもらえたときは嬉しいです。グリーは自分にとって初めての会社、そして初めてのゲーム業界。尊敬できる先輩方に囲まれた学びの場です。

※GREE Camp:エンジニア、デザイナー、ビジネス/ゲームプランナーの3職種混成チームを組み、新規ゲーム、サービスの企画・モックアップ開発に挑む短期実践型インターンシップ。「GREE Camp」についての詳細はこちら

“時代は変わる。良いものは変わらない。”

入社2年目、仕事の仕方も変わってきました。具体的なキャリアはまだ考えていないけれど、ただずっとカッコいいものを作っていきたいですし、カッコいいものへの憧れは強いです。それが吸収力に結びついて、よいアウトプットを生み出すことへの原動力になっています。

そして、誰かに元気を与えるものを作りたいと思っています。時代が移り変わっても、人の楽しさや悲しさは普遍的だと思います。デバイスやシステムに関係なく、素晴らしいと思えるものを作っていきたいです。

Wright Flyer Live Entertainment
グリーの第3の柱であるバーチャルYouTuber(VTuber)特化型のライブエンターテインメント事業として2018年4月に設立。同年8月にはVTuber専用ライブ配信サービス「REALITY」公開。全人類が物理的な制約から開放され、なりたい自分で生きられる世界を実現を推進している。

藤井 まりな
Wright Flyer事業本部所属。2017年新卒入社。グラフィックデザイン学科で広告やイラストレーションを勉強。「アナザーエデン」の2Dアートを制作。3頭身キャラクターやモンスターの制作、グッズのデザインなども。人と話すことが好きなのは、仕事の強み。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事