グリー、投資事業を強化

~「STRIVE」「GFR Fund」「グリーベンチャーズ」の3社体制に~

グリー株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役会長兼社長:田中良和、 以下「グリー」)は、インターネットテクノロジーを軸としたスタートアップ企業への投資を拡大するため、すでに子会社が運用しているファンド「STRIVE」や「GFR Fund」に加えて、「グリーベンチャーズ株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:相川真太郎)」を設立しました。

グリーでは、「STRIVE」や「GFR Fund」からの投資に加えて、グリー本体を通じた投資事業において、これまで「メドレー」「アイスタイル」「スマートニュース」「ビズリーチ」等を含む多くのスタートアップ企業に投資し、支援を行ってきました。今回、グリーベンチャーズを新設することで、さらに投資を加速していきます。

グリーグループは、国内のインターネット関連領域でグリーのネットワークを生かしたスタートアップへの投資を行なうグリーベンチャーズ、国内および東南アジア、インドのスタートアップへの投資を行うファンドを運用する「STRIVE」、北米を中心にVR/AR領域に加えデジタルメディア・エンターテインメント分野に投資する「GFR Fund」、この3社を通じて、グローバルに活躍を期待される企業を積極的に支援し、新たな価値創造に取り組んでいきます。

<STRIVEの概要>
STRIVEは、総額約400億円の資産を運用するベンチャーキャピタルです。2011年の事業開始以来3つのファンドを運用し、ジーニー社、FIVE社、Retty社、ウェルスナビ社、及びKaizen Platform社等を含む、日本、東南アジア及びインドのスタートアップ企業約60社に投資を実施しています。主にアーリーステージにおけるリード投資家として、STRIVEチームが持つ知見とネットワークを生かして積極的なハンズオン支援を実施し、投資先スタートアップの成長及び運用資産の最大化を目指しています。

※投資ファンド「STRIVE」を運用する旧グリーベンチャーズ株式会社は2020年4月1日にSTRIVE株式会社に商号変更しました。

<GFR Fundの概要>
GFR Fundは北米を投資対象地域とし、VR/AR領域に加えAIやeSports、ストリーミング、AI、ブロックチェーン等のデジタルメディアやエンターテインメント分野での最先端技術を持つスタートアップ企業の支援を積極的に行っています。
※投資ファンド「GFR Fund」は「GREE Capital Partners, LLC」が運用しています。

<新設したグリーベンチャーズの概要>

会社名 グリーベンチャーズ株式会社
設立時期 2020年3月
代表者 相川真太郎
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
事業内容 インターネット関連領域へのスタートアップに対する投資
資本金 100万円
株主 グリー株式会社(100%子会社)
本リリースは、当社の活動に関して一般に公表するためのものであり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。また、本リリースは、日本、その他の地域における、ファンドの持分その他の証券の取得の勧誘を構成するものではありません。本書記載の情報は本書発表時点において真実かつ正確ですが、予告なしに変更されることがあります。本書には将来に関する見通しが含まれていることがありますが、これは一定の前提に基づくものであり、さまざまな既知または未知の不確定要因およびリスクにより、実際の結果は、本書に記載され、または示唆された内容と著しく異なることとなる可能性があります。

GREEおよびGREEロゴは、グリー株式会社の登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

以上

本件に関するお問い合わせ先

プレスリリーストップ

最新のプレスリリース