グリー、子会社WFSとPreferred Networksがデジタルエンターテイメント分野でAI技術を活用したアプリケーションを共同開発

グリー株式会社
株式会社Preferred Networks

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:田中良和、以下「グリー」)と株式会社Preferred Networks(代表取締役 最高経営責任者:西川徹、本社:東京都千代田区、以下「PFN」)は、グリーのゲーム事業ブランドであるWFSとPFNが深層学習(ディープラーニング)をはじめとするAI技術を活用したアプリケーションを共同開発することに合意したことをお知らせします。

今回の協業は、WFSがこれまで培ってきたモバイルゲームの企画・開発・運営力、海外への展開力とPFNのAI技術、特に深層学習に関する知見や技術を組み合わせることにより、デジタルエンターテイメント分野において魅力的なアプリケーションを共同開発し、より多くのお客さまへ届けることを目的としています。

WFSについて

テクノロジーをベースとしたクリエイティブカンパニー。 ”夢とテクノロジーと挑戦を結晶化させ、新しい驚きを世界中の人へ届ける”というミッションに向け、アプリ開発で培ったノウハウを生かしたソリューション事業(https://www.wfs.games/solution/))の展開や、 AIの活用を積極的に進めており、コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2019(CEDEC 2019)などでもその成果を発表(https://www.slideshare.net/greetech/ss-170708036)しています。

PFNについて

深層学習やロボティクスなどの先端技術の実用化を目的に、2014年3月に創業。キャラクター生成プラットフォームCrypko™(https://crypko.ai))やピクシブ株式会社と共同運営する線画自動着色サービスPetalica Paint™(https://petalica-paint.pixiv.dev)など、エンターテインメント分野の技術提供やサービス開発も行っています。
GREEおよびGREEロゴは、グリー株式会社の登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

以上

本件に関するお問い合わせ先

プレスリリーストップ

最新のプレスリリース