CSR

【CSRレポート】グリーが11月3日実施「ツール・ド・東北 2013 in 宮城・三陸」に社員ボランティアを派遣しました

グリー株式会社(以下「グリー」)は、2013年11月3日に実施された「ツール・ド・東北 2013 in 宮城・三陸」(以下「ツール・ド・東北」)に社員ボランティアを派遣しました。

「ツール・ド・東北」は、ヤフー株式会社と河北新報社が東日本大震災の復興支援および、震災の記憶を未来に残していくことを目的に、宮城・三陸エリア(石巻市、女川町、南三陸町)を舞台にしたサイクリングイベントで、初年度となった本年は、順位やタイムを競うレースではなく、楽しく走ることを目的としたファンライド形式で開催されました。

今回、グリーは同イベントに協賛し、社内公募で集まった7名のボランティアスタッフと、5名の選手、3名のインターネット啓発活動スタッフが参加しました。

ボランティアスタッフは、「ツール・ド・東北」最長の160kmコースの折り返し地点である南三陸町歌津の伊里前福幸商店街エイドステーションにおいて、休憩に訪れる選手の会場内誘導や飲食提供のサポートを行いました。社員からは、「人の温かさを感じることができた」、「被災地の現状と復興の様子を知ることができた」という感想が多数あり、被災された地元の方や、全国から集まる選手の方々と交流する良い機会になったようでした。

グリーでは、今後も社会貢献活動を通じて、利益を社会全体に還元し、ステークホルダーの皆さまとのかかわりを大切にしながら社会の持続的かつ健全な発展のために、企業市民の一員としての責務を果たしていきます。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事