働き方

【ポケラボblog】静かなる情熱系エンジニア、全力フルコミットで天下をとるッ!

こんにちは。ポケラボ採用担当の藤岡です。
グリーグループでゲーム事業をおこなうポケラボでは、働く仲間達の紹介をWantedlyの「lab workers」というコーナーで連載しています。
第12回目は、2015年10月に入社し、新規開発プロダクトを経て、現在はサーバーサイドエンジニアとして「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」を担当する齋藤。
専門学校、大学と全力で勉強し、ゲーム業界にはいる目標を叶え、その後も全力でゲームづくりに向き合い続けている彼がその想いを語りましたのでその一部を共有します。

※これまでの記事(1~11回)も是非ご覧ください
lab workers

齋藤 冬斗:2015年10月入社。サーバーサイドエンジニアとして「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」を担当。

ゲームの仕事の原点

ゲームの面白さに気づいたのは、中学・高校時代に「RPGツクール」にはまったことがきっかけでした。
限られたリソースの中で自分だけのRPGを作れるのが面白くて、日々ストーリーを考え、それを「RPGツクール」のリソースでどう実現するかを試行錯誤していました。既存のRPGや漫画のワンシーンを「RPGツクール」上で再現したりもしていましたね。
この時に自分なりに試行錯誤を繰り返した経験から、「ゲームづくりって面白い、ゲームをつくる仕事に就きたい」と、ゲーム業界を強く目指すようになりました。

就職はどのように決めましたか?

学生時代は2年制の専門学校で、プログラミングを中心に、グラフィックなどゲーム作りに直接関係する基礎的な事を勉強していました。プログラミング含めゲーム作りに関することは全て初めてだったので、基本的には専門学校のカリキュラムに沿って勉強していました。ただ、専門学校だと入学して半年で就職活動しなければならず、勉強時間、経験、作品作りと何もかも時間が足りなかったので就職はせず、卒業後すぐに大学(3年次)に編入する選択をしました。

プログラミング自体は専門学校でほぼほぼ学びつくしたので、専門学校で学べなかったものを学ぼう、経験しようと思い、大学ではゲーム制作の実技だったり、モデリングの実技などの実作業ベースの講義を中心に、著作権、3DCG技法などゲームに関連する座学も片っ端から受けていました(受けすぎて週5ほぼフルで講義がありました・・・)

この時はゲーム業界で働きたいという一心でした。今でこそUnity等があるおかげで個人でも比較的ゲームは作れますが、当時はゲームを作るならゲーム業界に行くしかない!と思っていましたので、そのために必死で勉強しました。特に私は専門学校で初めてプログラミングを始めたのですが、周りの大半は高校時代からやっていて、既に差が出来ていたので何とか追いつこうと必死でした。

思い出深いのは、卒業研究でVRを使った体験型の教材を作ったことです。本物の自転車に加速度センサーなどを取り付けてコントローラー化し、それを漕いだりハンドルを切ったりすると、Unityで作った3D空間に反映され、1人称視点でそれ通りに動くという自動車教習所で使われているようなものをそのまま作りました。何度も徹夜したり、研究室に泊まり込んで作業した甲斐あってかなり良いものが出来て、最終的には学会発表までこぎつけました。これが学生時代の勉強の集大成だったと思います。

続きはこちら↓
lab workers#12 静かなる情熱系エンジニア、全力フルコミットで天下をとるッ!

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事