働き方

【ポケラボblog】ポージング勉強会を実施しました。

こんにちは。ポケラボ採用担当の藤岡です。
グリーグループでゲーム事業をおこなうポケラボでは、 Wantedly上でクリエイティブ部による「Creative Blog」を連載しています。

「Creative Blog」では、日頃から部内で注力しているスキルアップ施策についてご紹介しています。今回は、スキルアップ施策のひとつとして隔週で実施している「ポージング勉強会」についてお届けします。2DアニメーションソフトウェアのSpineで作成したキャラクターを使い、出題された「お題」に沿ったポーズを各自作成し、フィードバックし合います。
今回は「決めポーズ」がテーマ。
人によって、さまざまなポーズや仕草、表情があり、見ているだけで楽しくなります。

それでは「Creative Blog #13 ポージング勉強会」の一部をご紹介します。



Creative Blog #13 ポージング勉強会

こんにちは。ポケラボクリエイティブ部です。

クリエイティブ部の若手メンバーがスキルアップに励む姿をお送りしているCreative Blogですが、今回はスキルアップ施策の1つである「ポージング勉強会」についてお送りします。

クリエイティブ部ではポージング勉強会を隔週で開催しています。
ポージング勉強会とは、Spineで作られたキャラクターを使って出題された「お題」に沿ったポーズを作り、それを皆で発表し合ってフィードバックし合うというものになります。

Spineについてはコチラをご参照ください。
http://ja.esotericsoftware.com/

このポージング勉強会では「ポーズの引き出しを増やす」事はもちろんですが、ポージングやモーション作成で重要となる下記の要素の習得も目的にしています。

<重心>
不安定な体勢になっていないか、意図した衝撃を伝えるための意識ができるか。

<シルエット>
伝えたいイメージを明確にし、ぱっと見たときの印象をわかりやすく強調できるか。

<コントラポスト>
肩と腰の向きを逆にした緊張と弛緩のあるポーズを作成できるか。

<アクションライン>
アクション中の動きの線を意識し、視線の誘導や勢いを出すことができるか。

<キャラらしさ>
職業やキャラの性格、性別によって表現をどう変えられるか、思考できるか。

また、「Spineを触れる人を増やす」事も目的にしており、モーションではなくポージングとする事で、普段の業務であまりSpineを使う機会が無い人、Spine未経験の人も参加しやすいようにしています。

このポージング勉強会には下記の様なメリットがあると考えています。
・Spine未経験でも1フレームだけのポージングなら無理なく作りきれるので挑戦しやすい
・Spineの経験が浅いメンバーを「Spineデータを見るだけ」から「Spineを動かせる」へ昇華する事が出来る
・ポージングは作成コストが低いので、参加メンバーの負担が比較的軽く開催しやすい
・低コストで前述した5つの要素の習得が見込めるのでコストパフォーマンスが高い

今回のポージング勉強会は、前回の「Creative Blog #12 Spineデータを拡張しました!で表情と手のパーツを追加したこのキャラクターを使います。



さて、どんなポーズが生み出されるのでしょうか?!

続きはコチラ↓
Creative Blog #13 ポージング勉強会

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事