CSR

【CSRレポート】東京都で実施された「春のあんしんネット・新学期一斉行動」でブースを出展しました

グリー株式会社(以下「グリー」)は、2016年3月26日から2日間、東京都の新宿駅西口広場イベントコーナーにて実施された「子供を守るネットルールTOKYOキャンペーン」に、ブース出展しました。

「子供を守るネットルールTOKYOキャンペーン」は警視庁・東京都の主催のもと、「春のあんしんネット・新学期一斉行動」の一環として実施されました。多くの青少年が初めてスマートフォンやタブレット等を手にする春の卒業・進学・入学の時期に着目し、フィルタリングの推進や青少年・保護者等のリテラシーの向上に向け、関係府省庁や関係事業者・団体と共に行っている取り組みです。

2日間にわたり開催されたこのイベントでは、佐藤弘道氏を子どもを守るネット ルールアドバイザーに迎えてのセレモニーや、着ぐるみが参加する子ども向けのじゃんけん大会などが実施され、多くの子どもたちが楽しみながら学ぶ機会となりました。

グリーは、安心ネットづくり促進協議会のブースにて出展し、他事業者と共に、関連するリーフレットの配布や、情報モラル啓発アプリ『魂の交渉屋とボクの物語 - Soul Negotiator - ~君の選択でストーリーが変わる ストーリーから学ぶ情報モラル~』(たまボク)の体験会を行いました。

今後もインターネットをより楽しく安全にご利用いただくために、全国各地で、情報モラル・インターネットリテラシー向上を目指した活動を積極的に行い、ICT利用啓発につなげるための企業責任を果たしていきます。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事