CSR

【CSRレポート】神奈川県の川崎市立日吉小学校で児童の皆さんを対象とした情報モラル啓発アプリ授業、啓発講演を行いました

グリー株式会社(以下「グリー」)は、2016 年 6 月 29日に、川崎市立日吉小学校の5年生を対象に、情報モラル講演と情報モラルアプリ『魂の交渉屋とボクの物語 - Soul Negotiator -』(たまボク)を活用した授業を行いました。

この日は、「情報モラル講演」と「たまボクを使った授業」の2部構成で授業を実施しました。共に「ネット炎上」をテーマとし、講演では実際の事例を題材として問題を整理しながら、「適切なふるまい」や「安全な使い方」について学び、アプリを用いた授業では炎上をゲームで疑似体験しながら自ら考え学びにつなげました。

児童の皆さんは、講演では講師の話に真剣に聞き入り、たまボク授業では4人で1台のタブレットを使い全員で協力しながらハッピーエンドでのゲームクリアを目指しました。全クラス2コマ連続と長時間にわたる授業となりましたが、児童の皆さんは集中して取り組みました。

また今回のような2部構成にすることにより、前の時間で学んだ内容を次の時間で反復することがき、知識をしっかり身につけることができたようでした。児童の皆さんからは、「インターネットは全て玄関の外側だという事を覚えた」「友達間のみだからといって不適切な発言や画像などは投稿してはいけない」などの意見があり、インターネットでの正しい振る舞いについて、それぞれが考え、学ぶ機会となったようでした。

現在、『たまボク』紹介ページでは、アプリを利用した情報モラルの授業を簡単に行っていただくことができる、無料の指導ガイドを用意しています。授業の準備に役立つストーリーごとの詳しい解説、学習の狙いを収録し授業のまとめに使いやすいワークシートもダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

グリーは、今後もインターネットをより楽しく安全にご利用いただくために、全国各地で、情報モラル・インターネットリテラシー向上を目指した活動を積極的に行い、ICT利用啓発につなげるための企業責任を果たしていきます。

情報モラル啓発アプリ「魂の交渉屋とボクの物語 -Soul Negotiator-~君の選択でストーリーが変わる ストーリーから学ぶ情報モラル~」のご案内

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事