事業のこと

KMNZがファーストアルバムをリリース!!制作の舞台裏についてLITA&LIZの二人にインタビューしました。

こんにちは、広報室の坂見です。
株式会社 Wright Flyer Live Entertainment(以下、WFLE)とFicty株式会社(以下、Ficty)が共同プロデュースするガールズデュオ「KMNZ(ケモノズ)」が初のオリジナルアルバム「KMNVERSE(ケモノヴァース)」を11月22日(金)にリリースしました。
今回のオリジナルアルバム「KMNVERSE」は、ファンコミュニティ・プラットフォーム「Fanbeats」の購入型クラウドファウンディング機能を活用して制作されました。オリジナル楽曲全8曲の作品で、KMNZが5曲作詞に関わった渾身の一枚になります。

今回は、KMNZのLITA(リタ)さんとLIZ(リズ)さんにオリジナルアルバム「KMNVERSE」の制作の舞台裏についてインタビューをしてきました。
お二人の率直な想いをぜひご覧ください。

【KMNVERSE】

■アルバム収録曲
1. OPENING
2. R U GAME?
3. melty girl
4. sTarZ
5. retouch
6. DEF/RAG
7. VR
8. GALAXY

■音楽配信
タイトル:KMNVERSE
発売日:2019年11月22日
価格:単曲¥250・アルバム¥2,000
※各音楽配信サイトにて配信
※価格は各音楽配信サイトにて異なる場合がございます。

【KMNZとは】

KMNZは、“けもみみの国”からやってきた犬耳のLITA(リタ)と猫耳のLIZ(リズ)からなるガールズデュオで、2018年6月から活動をしています。

LITA(左)、LIZ(右)

ーーファーストアルバムのリリースおめでとうございます。率直なご感想をお一人ずつお願いします。

LITA LITA:やっと、今まで応援してくれたファンの方々に、少しお返しできるかなと思います!

LIZ LIZ:たくさん歌が歌えて楽しかったです!全く辛くなくて、むしろ楽しい思い出しかないです!

ーーアルバムリリースに関して、周りの反応はいかがでしょうか。

LITA LITA:言葉にならないほど大きな喜びを表してくれる方が多くて、びっくりしました(笑)。改めてみんなから見直してもらえた実感があります。

LIZ LIZ:みんな待ち望んでくれてたんだな、ってのがすごく伝わってきました!ハズレ曲が一曲もない、っていう感想をTwitterで見てすごく嬉しかったです。

ーー今回は初めてのファーストアルバムですが、どういった曲が収録されているのでしょうか。

LITA LITA:色んなジャンルの曲が満遍なく入ってます!まさにKMNZを体現した一枚って感じです!

ーーそれぞれのオススメの曲があれば教えてください。

LITA LITA:私の中の流行りは、「OPENING」→「melty girl」→「GALAXY」という流れで聞くことです。 これは今の一押しってだけ、これからも変わっていくと思います。 それくらい良い曲だらけです!

LIZ LIZ:retouchです!制作過程に携わってなかったんですけど、レコーディングで初めて聞いてすごく感動しました。歌詞とか、歌声からLITAちゃんがとてつもなく伝わってきて、本当に良い曲だなと思っています。

ーー今回多くの曲の作詞に挑戦されたということですが、手応えはいかがでしょうか。

LITA LITA:今回いろいろな人にサポートしてもらったので、これからはもっと1人で書けるように頑張ります。初めての作詞にしては、満足感はあります。胸を張って聞いてもらえるだけ、歌詞に思いを込めることができました。作詞がうまくなった未来の自分に見られても恥ずかしくない内容にはできたかなと思います!

LIZ LIZ:LITAちゃんとヤカさん(Fictyのスタッフ)と3人で、長い時間かけて頑張ってきたんですけど、私が自信満々にしたリリックが即刻却下されたのが良い思い出です!

ーーこのファーストアルバムの完成は、多くのファンの方のクラウドファンディングにより実施に至りました。ぜひ、最後にファンの方へのメッセージをお願いします。

LITA LITA:みんなが待っててくれたものを、やっと出せたなと思います。みんなの気持ちに応えられたら嬉しいし、この曲たちで、早くみんなとライブで一緒になりたいです。みんな、お待たせ!

LIZ LIZ:アルバム制作中から、「あ、これ凄い作品になる!」って確信があったので、やっとみんなに届けられて本当に嬉しいです。ここまでこれたのもKMNHZ(ファン)の皆のおかげだし、私たちもその応援に応えられるよう力を出し切りました!みんな正座して静かな部屋でじっくりアルバム聞いてね(笑)!

ーーLITAさん、LIZさんありがとうございました。

今回は、クラウドファンディングによる実施となりましたが、これからのKMNZのプロデュースについて、プロデューサーをされているWFLEの坂田とFictyの二宮さんにもお話を伺いました。

ーー今回クラウドファンディングでプロジェクトを実施した理由は?

坂田:KMNHZ(ファン)の皆さんと一丸となって1stアルバムを盛り上げたいという思いから、純粋は販売形式ではなく、Fanbeatsを用いたクラウドファンディング形式を採用することにしました。

-ー初日で目標額が達成したようですね。感想は?

二宮:本当にKMNHZ(ファン)の皆さんの思いが凄くて感動しました。同時にこれだけの期待が込められていることから、スタッフ一同気を引き締めなければ、とも思いました。

-ー今回特典グッズはどのようなものを作ったのでしょうか。また、その意図は?

坂田:さまざまなリターン品を準備させていただいたのですが、特に中でも目玉となったのはKMNZの1年間の活動を総括するYEAR BOOK「KMNZMAG」と、CD版「KMNVERSE」です。
「KMNVERSE」に関しては、クラウドファンディング限定でCDを生産したので、ここでしか手に入らない1枚になっています!KMNHZ(ファン)と一緒に作り上げたアルバムなので、クラウドファンディングに協力してくれた方限定で、何か形に残るものを贈りたいという思いで作成しました。

ーー今後のKMNZの活動で、音楽以外に考えていることはありますか?

二宮:KMNZのテーマは「バーチャルとストリートカルチャーの融合」です。そのため、音楽と合わせてファッションも大切に考えています。
音楽ライブはもちろんですが、ファッションを中心としたイベントなどもぜひやりたいなと思っています!

ーーKMNZのプロデューサーとして彼女たちに期待していることはなんでしょうか?

坂田:彼女たちと一緒に仕事をしていると、こちらの想像を超えてくるパフォーマンスを見せてくれることが多く、それがきっかけで「じゃあ次はこんなことやろう!」、「あんなこともできるね!」とアイデアが膨らんでいきます。
いわゆるVTuberという枠を超えて、たくさんの人たちにバーチャルリアリティの面白さ、音楽やファッションの楽しさに気付いてもらえるよう、みんなの想像を超えるすごいことをやってもらえたら嬉しいなと思っています!

ーーありがとうございました。

WFLEでは、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」を通じて多くのVTuberの配信を行なっています。
KMNZの番組も「REALITY」で配信されていますので、ぜひこれからの活躍にもご期待ください。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事