グリーは2004年に設立されてからこれまでの間、グリーがなければできなかった、この世に起こらなかったことを実現してきました。
そしてこれからも、自ら新しい歴史を刻んでいきます。

2004

2

「GREE」誕生

12

グリー株式会社設立

2005

6

他社に先駆けて、モバイル向けSNSを提供開始

2006

7

KDDIと資本提携

11

EZ GREE(現:au one GREE)を提供開始

2007

5

世界で初めてのモバイルソーシャルゲーム「釣り★スタ」を公開

2008

5

初のテレビCMをスタート

12

東証マザーズに上場

2009

12

デロイト「日本テクノロジー Fast50」で成長率が2年連続国内1位

2010

6

東証一部上場

6

「GREE Platform」を利用したソーシャルアプリ第一弾を公開

7

「六本木ヒルズ森タワー」に本社移転

8

スマートフォン向け「GREE」をリリース

2011

1

初の海外拠点となるGREE International, Inc.(現:GREE International Entertainment, Inc.)を設立

9

「東京ゲームショウ2011」に初出展

11

グリーベンチャーズ株式会社を設立

2012

5

「GREE Platform」をグローバルで提供開始

5

グリービジネスオペレーションズ株式会社(特例子会社)を設立

6

世界最大のゲームショウ「E3 2012」に初出展

7

ソーシャルゲーム「探検ドリランド」のTVアニメ化

2013

10

千葉大学教育学部と共同で、メディアリテラシー教育授業を開始

11

広告関連事業をGlossom株式会社として改組

12

仙台カスタマーサービスセンターを開設

2014

2

「GREE」10周年

5

ゲーム開発スタジオWright Flyer Studiosからの初タイトル「消滅都市」をリリース

8

保育者と家庭をつなぐ「スマートシッター」を提供開始

12

グリー株式会社 創立10周年

2015

1

オンライン定額リフォームサービス「リノコ」を展開するセカイエ株式会社を子会社化

4

フィットネスレッスンの定額サービス「レスパス」を提供開始

6

LINEとの共同出資会社Epic Voyageを通じた第一弾タイトル「LINE タワーライジング」を提供開始

11

住まいのビジュアルプラットフォーム「LIMIA」を提供開始

11

VR市場への参入を目的とした新スタジオ「GREE VR Studio」を設立

12

動画マーケティングを最適化する「WOOZ」を提供開始

2016

2

北米VRスタートアップ企業への投資ファンド「GVR Fund」を組成

5

日本国内最大級のVRカンファレンス「Japan VR Summit(JVRS)」を開催

8

IT業界で初めて株主総会の「スマート招集」を導入

関連リンク