基本方針

グリーは、リスク管理を徹底することにより競争力を強化し、企業価値及び株主価値を最大化させるために、コーポレート・ガバナンスの徹底を最重要課題と位置付けています。この考え方のもと、取締役、監査役、執行役員、従業員はそれぞれ求められる役割を理解し、法令、社会規範、倫理などについて継続的に意識の維持向上を図り、着実な実践につなげ、適正かつ効率的な企業活動を行っています。

ガバナンス体制図

取締役会

取締役会は、2名の社外取締役を含む9名の取締役で構成されています。経営の合理性と経営判断の迅速化を実現するために、毎月開催される定時取締役会に加えて、必要に応じて臨時取締役会も開催されています。取締役会では、会社の経営方針、経営戦略、事業計画など経営上重要な事項に関する意思決定、及び業務遂行状況の監督を行っています。

監査役会

監査役会の構成は、常勤監査役1名を含む社外監査役3名です。監査役会は毎月開催され、経営の妥当性、効率性、コンプライアンスに関して幅広く意見交換、審議、検証し、適宜経営に対して助言や提言を行っています。また、監査役は、取締役会ほか、重要な会議に出席し、取締役の職務執行について、厳正な監視を行っています。さらに、会計監査人及び、内部監査室と密接な連携を図ることにより、監査機能の強化を図っています。

経営会議

グリーでは、代表取締役社長の諮問機関として、常勤役員で構成する経営会議を設置しています。経営会議は、原則毎週開催し、必要に応じて臨時経営会議を開催しています。各部門から業務執行状況と事業実績が報告され、予実分析と計画策定について討議が行われています。これにより代表取締役をはじめとした経営陣が、適時に事業状況を把握し、今後の事業展開について迅速な検討・議論することが実現されています。

内部監査

グリーでは、社長直轄の内部監査室(4名)が内部監査を実施しています。内部監査室は、事業年度ごとに内部監査計画を策定し、社長の承認を得た上で内部監査を実施し、監査結果を社長と被監査部門に報告しています。被監査部門に対しては、改善事項を指摘すると共に、改善の進捗状況を報告させることにより実効性の高い監査を実施しています。

会計監査人

グリーは、新日本有限責任監査法人と監査契約を締結し、監査役会と会計監査人との間で連携を図りながら、会計監査を受けています。

その他のコンテンツ