グリー、アプリ開発者育成講座を提供する「MakeSchool」と資本業務提携 - グリー監修のゲーム開発カリキュラムを今夏にサンフランシスコで開講 -

グリー株式会社

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:田中良和、以下「グリー」)は、コンピュータサイエンスとソフトウェア開発のスクールを運営している米国のMakeSchool(本社:米国 サンフランシスコ、CEO:Jeremy Rossmann)と資本業務提携しましたのでお知らせします。

MakeSchoolは米国シリコンバレーにて多数の有力IT企業を支援するYコンビネーターから輩出された2011年設立のスタートアップ企業です。Objective-CやCocos2D-swiftを活用したアプリ開発、コンピュータサイエンスなど、オフラインおよびオンラインで提供されるさまざまな開発者育成講座は、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア大学バークレー校やカーネギーメロン大学のカリキュラムに組み込まれるなど高い評価を得ており、IT業界の成長に伴い開発者育成の重要性が増す中で、さらなる需要拡大が期待されています。

今回の資本業務提携第1弾の取り組みとして、グリー監修のゲームアプリ開発者育成講座をMakeSchoolと共同開発し、今夏、約8週間の研修を一般応募者およびグリー社員を対象にサンフランシスコにて実施する予定です。このゲームアプリ開発者育成講座では主にCocos2D-swift/Cocos2D-xを中心に学び、8週間で1本のゲームアプリを企画、開発、公開するところまでを実践します。

今回の資本業務提携を通じて、グリーにおけるスマートデバイス向けゲームアプリ開発体制の強化および人材育成を加速させるだけでなく、多くの優秀な開発者の育成を通じたゲームアプリ領域における新たな価値の創造に貢献していきます。

MakeSchool CEO Jeremy Rossmann コメント

一流の大学に導入されている講座をこれまで開発してきましたが、今回のグリーとの事業提携により、事業会社向けの講座も直接提供できるようになることを大変嬉しく思います。MakeSchoolの受講生にはグリーで働きたいと思っている人も多く、両社の関係を通じて、米国や日本におけるモバイルゲーム開発におけるキャリア形成を支援することができるようになります。

グリー株式会社 取締役 執行役員常務 青柳 直樹 コメント

グリーは現在、スマートデバイス向けゲームアプリ開発体制の強化をさまざまな形でしており、優れた教育プログラムを持つMakeSchoolとの事業提携を大変喜ばしく思います。また、グリーだけに留まらず、今回の提携により、今後も世界で拡大することが想定されるスマートデバイス向けゲームアプリ開発人材の育成に貢献していきたいと考えています。

「MakeSchool」詳細

商号 MakeSchool
所在地 657 Bryant Street San Francisco, CA 94107
代表者 Jeremy Rossmann
事業内容 スマートフォン向けアプリ・ウェブサイト開発やコンピュータサイエンス教育などのコースを直接参加のスクールとオンラインで提供
設立年月日 2011年11月

GREEおよびGREEロゴは、日本および、またはその他の国におけるグリー株式会社の商標または登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

以上

本件に関するお問い合わせ先